MENU

留袖と色留袖について知りたい!

着物というのは、普段なかなか使用しない物でしょう。
とくに留袖というのはいつ着れば良いのかわかりませんよね。
使い分けも一緒に説明していきましょう。

 

留袖について

娘・息子さんがご結婚される際に結婚式を行うでしょう。
結婚式で母方は留袖を着用します。

 

留袖というのは、結婚している女性が着る日本で一番の礼装と言われています。

 

母方のみではなく、親戚の方やご友人が着用する事も問題ありません。

 

留袖といえば、色は黒!
裾の方だけ柄が入っていて、上半身には模様が一切ありません。

 

扇柄などはおめでたい柄と言われています。
扇柄だけではなく、花柄などもあります。

 

留袖は、結婚している女性しか着る事ができません。
じゃあ結婚していない女性は着る事ができないのか?

 

留袖は無理ですが、色留袖であれば問題ありません。

 

色留袖について

色留袖は着る機会も多く、結婚していようとしていなくても大丈夫です。
結婚式だけではなく、パーティで着る場合もあります。

 

色についてですが、若い女性向けの薄いピンク色やミント色、ブルーなど様々あります。

 

また、紋の数もたくさんあり、帯揚げに関しては基本的にホワイトを使用しています。

 

普段なかなか使用しない物なので、購入するよりもレンタルをした方が綺麗な状態で参加できます。

 

購入すると、色落ちやシミなどの心配がありますからね。

 

留袖を着用する時に必要な物とは?

留袖を着用する時は小物がたくさんいります。

 

足袋は留袖には欠かせないアイテムです。
必ずホワイトにしましょう。

 

かんざしは、必要であればというものなので必ずしも付ける必要はありません。
留袖は気品ある格好なので真珠などがオススメです。

 

長襦袢は着物を着る際の下着です。
色はホワイトにしましょう。

 

半衿は長襦袢とセットで縫い付ける必要があります。
着物の衿から見える物です。

 

衿芯は衿元を張るためのプラスチックで出来た芯になります。

 

祝儀扇は、帯の左部分に刺しておくもので色は金銀。

 

骨の部分は黒が基本です。

 

腰紐は、着物には欠かせない物で着付け時に着崩れしないよう締め付ける紐の事です。

 

タオルはホワイトが一番良くて、体のラインを補正してくれる役割があります。

 

草履は、かかとの部分が少し高くなっているもの。
高すぎは良くありません!
鼻緒と台は同色のみ。

 

これに合わせてバッグも草履と同じにしましょう。

 

伊達締めは、腰紐よりは太いもので2本必ずいります。

 

枕が帯の中に入れるものです。

 

前板は、帯に張りを与える事で綺麗に見えます。

 

これらの小物は欠かせない物なので、きちんと準備をしておきましょう。

このページの先頭へ