MENU

黒留袖について知ろう!

黒留袖というのは、その名前の通りです。
説明するまでもないと思いますが、一応教えておきましょう。

 

黒色の留袖になります。

 

5つの紋が入っている黒留袖では結婚している女性が着用する礼装になります。

 

着る機会ですが、結婚式の時に使います。
例えば娘の結婚式である場合は、重い参列者になりますよね?

 

娘や息子、親戚の結婚式時に着用しています。
友人の結婚式になってくると、そこまで重い参列者ではないので、また違う着物になります。

 

友人などの結婚式では、色留袖などを着用しましょう。
色留袖じゃなくても3つの紋が入っている訪問着でも構いません。

 

昔は、黒留袖イコール丸帯が主流だったんですけど、今は変わってしまいましたね。

 

着物ってすごい、動きづらいし手間もかかるでしょう。
しかし今は手間を少しでも削減するために軽量化した袋帯が使われています。

 

お祝い事で着用する物なので、金箔などを二重太鼓で締める方法が人気ですね。

 

若い方の結婚式で、あまり着物を着ている友人は少ないでしょう。
今は洋風の結婚式が多いので、ドレス系ですよね?
でも和風の結婚式では、よく見かけると思います。

 

お祝い事で使用する黒留袖は、通常落ち着いた感じの柄になっています。

 

仕立てるというのは、値段もすごく高いイメージを持つ事でしょう。

 

お祝い時に使っていた着物も毎回一緒ではないですよね?
新しく買い換える事も多かったのではないでしょうか?

 

何枚も変えていると相当な値段になります。
また着物だけではなく、バッグなども別で購入しますよね?
今まで購入してきた着物の合計金額はすごい事になっているでしょう。

 

一度使った着物はもう着ない!
処分しようと思っているけど、なかなか処分ができない。

 

高い物は捨てるのも、もったいないと感じてしまいますからね。
買取を行っているお店に一度査定してもらった方が良いです。
捨てるよりかは絶対に良いです。

 

ただ、お店もいろいろあるので、まずは調査から始めてみてください。
査定額もお店によって違います。
絵柄によって値段が変わったりしますので、まずは保管してある着物を取り出してみてください。

 

取り出した時に、持っている絵柄はどれぐらいの価値があるのか?
ネットではおおよその買取価格が表示されています。

 

不安な人は買取店に電話をして、自分が持っているのはだいたいいくらぐらいになるのか聞きましょう。

 

見て見ないと正確な値段はわかりませんが、おおよそであれば教えてくれるでしょう。

 

ずっと家で保管しておくのも良いと思います。
黒留袖は結婚した女性が使う物なので、独身専用の着物と違って一生使えます。

 

ただし、保管方法によっては、汚れた穴が空いてしまいますのでご注意下さい。

このページの先頭へ