使わない着物は買取に出して必要時はレンタルでOK!

着物買取について

着物は、普段なかなか着るものじゃありませんよね?

  • 結婚式
  • お葬式
  • 成人式
  • 初詣
  • 入学式・卒業式

決められた時しか着ません。
年齢によっても着る機会は変わってきて、1年中着ない時もあるでしょう。

1年に1回着るか着ないかの状態なら、レンタルの方が良いんじゃないか?って思っている人もいるでしょう。

筆者も1年に1回着るか着ないかという感じで、自分で上手に保管する自信もなかったので買い取ってもらいました。

成人式もレンタルしている人が多くなってきている時代です。
成人式は人生で一度しかないですからね。

1回しか着ないならレンタルした方が安上がりです。

レンタル料はお店によって違うんですけど、だいたい成人式の振袖は30,000~40,000円弱。

訪問着ならもっと安く15,000円~20,000円弱。

袴は20,000円ぐらいですかね?
意外と安いんですよ!

筆者もレンタルでも成人式とかって40,000円50,000円かかるんじゃないかと思っていたんですけど、全然違いました。

買うと、綺麗に保管しておかないとなりません。
毎年毎年着物に気を使って、たまには空気に触れさせ、保管する時は専用の収納ボックスに入れないといけない。

手入れも大変!
保存方法がうまく出来ていないと、シミができていたりする事も・・・。

着物レンタルは、綺麗な状態で貸してもらえるので新品気分ですよ。
また色や柄もネットで決める事ができます。
ゆっくり選べるのも良いですよね。

着付けの時に必要な物を揃えておこう!

振袖をレンタルする時に、何も用意しなくてもいいかと勘違いしている人がいます。
当日に「あっ!あれがいるじゃん」「あっこれ家にない!」なんて事になったら、大変。

用意する物は事前にメモしておき、用意しておきましょう。

1、髪飾り

これはあってもなくても良いのですが、どうせおしゃれをするなら髪飾りの1つはあると良いですね。
最近はストーンがついたものが人気ですよ。

2、バッグ

今の子はスマフォ命!だと思います。
携帯で自分の着物姿を撮りたいですよね?
バッグがないと、手持ちになってしまうので、バッグは必需です。

色は着物と合わせるようにしましょう。

3、草履
草履もないと困ります。
これもバッグ同様で、着物の色に合わせると良いでしょう。

4、補正用タオル

着物の下に補正するための、タオルです。
なんでも良いですが、シンプルな白が無難です。

5、足袋
成人式なら1月です。

草履に生足だと非常に寒いので、足袋はホワイトを用意しましょう。

帯や重ね衿、半衿も必要です。
帯揚や帯締めも必要ですし、肌着、裾よけ
衿カラーもいります。

腰紐は1本ではうまく着付けをする事ができないので、6本は用意しておきましょうね。

着付ベルト、三重紐も用意しておきます。

伊達締めは1本ではなく、必ず2本は用意してください。

帯板も前も後ろも必要です。
前だけ綺麗に整えても後ろが汚かったら見栄えが悪くなります。

帯枕も用意しておきましょう。

以上のものが、必ず必要なものです。
あとは欠かせない振袖ですね。

コメント